自転車通勤するなら、グラベルロードバイクが最高ですよ!

グラベルロード

・グラベルロードバイクがどんな自転車なのか知りたいなぁ。

・ロードバイクはタイヤが細くて心配だし、ガチすぎて…

・グラベルロードバイクで通勤する時の注意点や、必需品など教えてほしい。

今回はこの様な疑問を持つ、あなたの解決策になれば嬉しいです。

この記事を書いている僕はというと・・・

ヤッシー
ヤッシー

どうも、ヤシオ(@yashioblogです。

30代半ばの、サラリーマンやりながら2児の父親です。

キャンプツーリング(自転車キャンプ)にどうしても行きたくて、キャノンデールのグラベルロードバイク「トップストーン【ソラ】」を買いました。

実際にキャノンデールのグラベルロードバイクに乗っている僕がご紹介しますね。

それじゃあ、いってみよう!

グラベルロードバイクはどんな自転車?

グラベルロードバイクというのはこんな自転車ですよ。

ロードバイクに比べてタイヤが太い

グラベルロードバイクは、ロードバイクと比較して太めのタイヤが設定されています。

砂利道も走れるようにと設計されている自転車なので、標準装備で太めのブロックタイヤを履いているんです。

ロードバイクの様に細いタイヤだと、砂利道では小石にハンドルを取られてしまい安定しにくく走りにくいです。

しかし、太めのブロックタイヤならハンドルが取られてバランスを崩すことも少なく安定して走ることが出来ます。

例えば、舗装路を走るにしても同じで、小石や段差などがよくありますが、そんな場所でもグラベルロードバイクの太めのタイヤなら安定して走ることが出来るんです。

ただし、太めのタイヤは路面との摩擦が多くなる分スピードは出にくくなります。

グラベルロードバイクには、安定して走ることが出来る太めのタイヤが標準装備されているんです。

ほぼディスクブレーキが標準装備

グラベルロードバイクには、ほぼ標準装備でディスクブレーキが搭載されているんです。

雨や泥にも強いディスクブレーキは、制動力が落ちることが少なくて荒れた路面でもしっかりとブレーキ制御してくれるからですよ。

ディスクブレーキ…路面から離れており、パッドとディスクの隙間が狭い
リムブレーキ…路面に近いリムを挟むため泥などの影響を受けやすく、パッドとリムの隙間も広い

ディスクブレーキのブレーキパッドはホイールの軸部分に取り付けられており、路面から離れているので泥などの影響を受けにくいんです。

反対にリムブレーキだと、ホイールの外周(リム)という部分をブレーキパッドで挟み込んで制御するので、泥などの影響を受けやすく、パッドとリムの間は隙間も広めで挟まりやすいんです。

雨や泥の影響を受けにくいディスクブレーキがグラベルロードバイクには、ほぼ標準装備されているんです。

ダボ穴が沢山開いてるから、拡張性が高い

グラベルロードバイクには、キャリアなどの拡張部品が取り付けられるように、ダボ穴が沢山開いているんです。

ダボ穴が沢山開いていることで、フレームの前後にキャリアが取り付けられるようになるので、大容量のバッグも積載することが可能になるんです。

ダボ穴が開いてなくてもしばりつけるタイプのバッグならロードバイクでも取り付けることは可能ですが、キャリアを取り付けた方がより大容量のバッグを積むことが可能になるんです。

より大容量のバッグが取り付けられるように、より拡張できるようにとグラベルロードバイクには沢山のダボ穴が開いているんです。

グラベルロードバイクでの自転車通勤をおすすめする理由

それでは、僕がグラベルロードバイクを自転車通勤におすすめする理由を見ていきましょう。

ロードバイクに比べてパンクの心配が少ない

太めのブロックタイヤを履いているので、ロードバイクに比べてパンクの心配が少ないのが特徴です。

太めのブロックタイヤなら、多少の小石や段差ならパンクを気にすることなく走れるからですね。

路面には小石や段差など沢山の障害物が存在しますが、走っていると以外と気付かずに踏んでしまったりしてしまいます。

そんな時でも、太めのブロックタイヤなら安心して、気にすることなく走ることができるんです。

太めのブロックタイヤなら、小石や段差を気にすることなく、パンクを恐れることなく走ることができるんです。

雨や泥の影響を受けにくく、高い制動力を持つディスクブレーキ

ほぼ標準装備されているディスクブレーキは、雨や泥の影響を受けにくいので、突然の悪天候でもしっかりとブレーキ制御してくれます。

ディスクブレーキは、路面から離れたホイールの軸部分に取り付けられているので、雨や泥の影響を受けにくいのが特徴です。

ホイールの軸部分に取り付けられているので、路面から離れており、水たまりや泥溜まりを通過してもブレーキ部分にはあまり影響が無いんです。

逆にリムブレーキはホイールの外側(リム)をパッドで挟んで制御するので、水たまりや泥溜まりの影響を受けやすく、ゴミも挟まりやすいんです。

雨や泥の影響を受けにくい高い制御力を持ったディスクブレーキがほぼ標準装備されているグラベルロードバイクがおすすめなんです。

ダボ穴による拡張性の高さ

ダボ穴が沢山開いているグラベルロードバイクなら、拡張性も高くて大容量のバッグを取り付けることも可能になるからです。

ダボ穴が沢山あいていることで、フレームの前後にキャリアを取り付けることが可能になるので、より大容量のバッグが取り付けられるんです。

ロードバイクではバックパックを背負ったり、フレームにしばりつけて取り付けるタイプのバッグ程度しか取り付けることが出来ませんが、キャリアを付けることで前後に大容量のパニアバッグを取り付けることが可能になるのです。

ダボ穴が沢山開いているグラベルロードバイクなら、大容量のバッグが取り付けられるのでより沢山の荷物を積むことが可能になるんです。

通勤以外でも楽しめる

グラベルロードバイクなら、普段の通勤以外でもどこでも楽しむことが出来るんです。

むしろ、通勤だけに使うのはもったいないくらいの自転車ですね。

もともと砂利道を走ることを目的とした自転車なので、通勤に使うだけではなく、休日には林道を走ったり、自転車キャンプに行ったりと沢山の楽しみ方があります。

太めのタイヤを履いていたり、ダボ穴が沢山開いており拡張性も高いので、休日にはキャリアを取り付けて、より大容量のバッグを積載し、林道を走って自転車キャンプに行く!なんて事も十分可能なんです。

普段の通勤だけではなく、休日もグラベルロードバイクなら沢山楽しむことが出来るんです。

心身共に健康になる

グラベルロードバイクに限ったことではありませんが、心身共に健康になります。

身体を動かして通勤することで、脳にも良い影響を与えるので、心も身体も健康になりますね。

毎日通勤で電車に揺られてとか、車で渋滞にハマってイライラするなんてことが全く無くなりますから、肉体的な充実感はもちろんですが、精神的にも凄く良いんです。

自転車で通勤するというのは、心身共に健康になり、毎日が充実して過ごせるようになるんです。

グラベルロードバイクで通勤するメリット、デメリット

グラベルロードバイクで通勤するにも、メリットだけではなくデメリットもあります。

そのあたりを見ていきましょう。

メリット

グラベルロードバイクで通勤した時のメリットはこちらです。

・時間の節約になる
・季節を感じられる
・心身ともに健康になる
・満員電車や渋滞に悩まされなくなる
・新しい発見がある
・無駄な買い物が減る

グラベルロードバイクで通勤することで一番のメリットは、心を充実させてくれることです。

身体を動かすことで心身共に健康になるだけでなく、季節の変化や新しい発見をすることで、いつも以上に充実した毎日を送れるようになります。

例えば、通勤時に一番悩まされるのが満員電車や渋滞ですよね。

人混みや渋滞に悩まされていると、朝から疲れませんか?

そんな毎日を過ごしているとイライラしてしまい心が疲れてしまいます。

自転車通勤に変えるだけで、そんな悩みから解放されるんです。

グラベルロードバイクで通勤することのメリットは、普段気付かなかった発見や季節を肌で感じてより充実した毎日を送り心を充実させてくれるところです。

デメリット

次にグラベルロードバイクで通勤した時のデメリットを見ていきましょう。

・夏場は汗が尋常じゃない
・雨が降ると辛い
・着替えを持ち歩く必要がある

心を充実させてくれるグラベルロードバイクですが、気温や天候に左右されやすいのは言うまでもありませんね。

とにかく暑ければ汗もかきますから着替えが必要ですし、寒ければ厚着をしなければいけません。

急な悪天候にはすぐに対応出来なくてといったことも十分考えられます。

ですが、この様なデメリット以上にグラベルロードバイクで通勤することで得られるものが沢山あるんです。

グラベルロードバイクで通勤する時の注意点

グラベルロードバイクで通勤をする時、つい忘れがちな注意点をは以下の項目です。

・水分補給
・無理をしない
・時間に余裕を持って動く
・車通りの多い道には十分注意して
・歩行者にも注意が必要

水分補給や無理をしない、時間に余裕を持つなどは自分自身で注意しなければいけません。

しかし、車や歩行者については相手の動く方向などを予測して安全を徹底しなければいけませんね。

喉が乾いてから水分を補給、疲れてヘロヘロになったから休憩する、どちらもタイミング的には遅いです。

例えば、喉が乾いた時点で少し脱水気味ですし、疲労というのは自分が思っている以上に身体に負担を与えてしまいます。

自分自身はまだ大丈夫だと思っていても、実は限界なんてこともよくあります。

また、車や歩行者に対して常に「かもしれない」運転を心掛けることで、危険を予測し自分を守るのはもちろんですが、相手を守ることも自転車に乗る義務です。

通勤する時だけに限ったことではありませんが、自転車に乗る時には車や歩行者、また自分自身の体調管理にしっかりと注意して楽しく自転車に乗りましょう。

グラベルロードバイクで通勤する時の服装は3通り

グラベルロードバイクで通勤する時の服装は3通りあります。

どの服装でもグラベルロードバイクなら問題ないので、あなたに合った服装で通勤してみてください。

・仕事着のままで
・サイクルジャージで
・速乾性の素材で出来ているラフな服装で

基本的には好きな服装で問題ありません。

仕事着にも色々ありますが、スーツでも作業着でも問題ないですね。

ただ、注意したいのはズボンの裾です。

走っているとクランクにズボンの裾が引っかかったりします。

また、クランクやチェーンの油でズボンの裾が汚れてしまいます。

なので、しっかりと裾を留めるバンドで縛っておくと良いですね。

ただ、僕がおすすめする服装は速乾性のラフな服装です。

汗をかいても着替えれば問題ないですし、動きやすいという事が一番の理由ですね。

着替えを持ち歩く必要はありますが、快適に自転車通勤が出来ます。

基本的にはグラベルロードバイクで通勤する時は好きな服装で問題ありません。

あなたの職場環境や生活環境に合わせた服装で通勤してください。

グラベルロードバイクで通勤する時の必需品

グラベルロードバイクで通勤する時に絶対に持っていたい必需品は以下の物です。

・ライト
・反射素材が付いている物
・バックパック
・パンク修理キット
・汗拭きシート
・ロック(鍵)
・ヘルメット
・雨具

特に「ライト、反射素材、ロック(鍵)、ヘルメット」は必需品になります。

この4点は、自分自身を守り、大切な自転車も守る物だからです。

夜帰宅する場合は、ライトが付いていないと「無灯火」として道路交通法違反になります。

自分自身を守ることはもちろんですが、車や歩行者に自分の存在を知らせるためにも必ず持ち歩くようにしましょう。

グラベルロードバイクで通勤する時にあると便利な物

グラベルロードバイクで通勤する時、あるとめちゃくちゃ便利なものをいくつか紹介しますね。

・ズボンの裾を留めるバンド
・サングラス
・サイクルコンピュータ(通称:サイコン)
・泥除け

これらの物は、無くても良いですが、あるとかなり便利なものになります。

通勤のモチベーションが上がるだけでなく、快適に通勤することが可能になるものばかりだからです。

特にサイクルコンピュータは距離や時間、消費カロリーなど沢山の項目が表示されますので、毎日の通勤で計測すればモチベーションも上がりますね。

無くても困らないですが、あると便利な物を紹介しました。

まとめ:グラベルロードバイクで通勤する時も余裕を持って!

それでは、この記事をまとめてみますね。

グラベルロードバイクはどんな自転車?

・ロードバイクに比べてタイヤが太い
・ほぼディスクブレーキが標準装備
・ダボ穴が沢山開いてるから、拡張性が高い

グラベルロードバイクでの自転車通勤をおすすめする理由

・ロードバイクに比べてパンクの心配が少ない
・雨や泥の影響を受けにくく、高い制動力を持つディスクブレーキ
・ダボ穴による拡張性の高さ
・通勤以外でも楽しめる
・心身共に健康になる

グラベルロードバイクで通勤するメリット、デメリット

・メリット
 ・時間の節約になる
 ・季節を感じられる
 ・心身ともに健康になる
 ・満員電車や渋滞に悩まされなくなる
 ・新しい発見がある
 ・無駄な買い物が減る
・デメリット
 ・夏場は汗が尋常じゃない
 ・雨が降ると辛い
 ・着替えを持ち歩く必要がある

グラベルロードバイクで通勤する時の注意点

・水分補給
・無理をしない
・時間に余裕を持って動く
・車通りの多い道には十分注意して
・歩行者にも注意が必要

グラベルロードバイクで通勤する時の服装は3通り

・仕事着のままで
・サイクルジャージで
・速乾性の素材で出来ているラフな服装で

グラベルロードバイクで通勤する時の必需品

・ライト
・反射素材が付いている物
・バックパック
・パンク修理キット
・汗拭きシート
・ロック(鍵)
・ヘルメット
・雨具

グラベルロードバイクで通勤する時にあると便利な物

・ズボンの裾を留めるバンド
・サングラス
・サイクルコンピュータ(通称:サイコン)
・泥除け

今回は「自転車通勤するなら、グラベルロードバイクが最高ですよ!」について書いてみました。

グラベルロードバイクで自転車通勤を始めようとしている、あなたの参考になれば幸いです。