グラベルロード

グラベルロードバイクでのサイクリングが最高な理由!

・グラベルロードバイクで行く、サイクリングの魅力は?

・グラベルロードバイクでサイクリングを楽しむためのツールは?

・そもそも、グラベルロードバイクはサイクリングに向いているの?

今回はこの様な疑問を持つ、あなたの解決策になれば嬉しいです。

この記事を書いている僕はというと・・・

ヤッシー
ヤッシー

どうも、ヤシオ(@yashioblogです。

30代半ばの、サラリーマンやりながら2児の父親です。

キャンプツーリング(自転車キャンプ)にどうしても行きたくて、キャノンデールのグラベルロードバイク「トップストーン【ソラ】」を買いました。

実際にキャノンデールのグラベルロードバイクに乗っている僕がご紹介しますね。

ちなみに、僕が乗っているグラベルロードバイクは【キャノンデール トップストーン「ソラ」】です。

それじゃあ、いってみよう!

グラベルロードバイクのサイクリングは最高です。

グラベルロードバイクのサイクリングは最高です。

なぜなら、グラベルロードバイクでサイクリングに出かければ、どんな道でも走ることができるからです。

例えば、ロードバイクの場合は、、、

・舗装されている道路でルートを決めなければいけない。

しかし、グラベルロードバイクの場合は、、、

・今日は、街の中を走ろう。(オンロード)
・今日は、林道を走ろう。(オフロード)
・今日は、街中を抜けて、都心から離れた田舎道を走ろう。(オンロード→グラベルロード)
・今日は、川沿いの道を降っていこう(オンロード、グラベルロード、オフロード)

など、どんな道が現れようが、迷うことなく走ることができるからです。

グラベルロードバイクは、サイクリングに丁度いい自転車なんです。

グラベルロードバイクで行く、サイクリングの魅力は「自由度」。

グラベルロードバイクで行く、サイクリングの魅力はなんといっても「自由度」ではないでしょうか。

条件に縛られない、自由な楽しみ方ができるところです。

タイヤには太めに設定されており、主にブロックタイヤと呼ばれる表面が凸凹のタイヤを装着しています。
ダボ穴という、自転車にいろんな装備を取り付けることができるように、初めから多くのネジ穴が開けられています。

いろんなことができる自転車の設計になっているんです。

例えば、、、

・コーヒーセットを持って、海辺までサイクリング。
・キャンプ道具一式を持って、一泊二日のキャンプ。
・釣り道具を持って、海や湖まで走りフィッシング。

など、このように自由に遊び方を考えて楽しむことができるんです。

つまり、グラベルロードバイクで行く、サイクリングの魅力は、好きなことを制限なく楽しむことができるところです。

グラベルロードバイクで行く、サイクリングの注意点

グラベルロードバイクで行くサイクリングにも、注意点があります。

楽しく、サイクリングをするために大切なことなので、しっかりチェックしておきましょう。

目的を決める!

サイクリングの目的を決めることは、とても大切です。

目的がないまま、ただ走っている(走りに行く)ことがダメだと言っているのではありません。

目的がないままのサイクリングを繰り返していると飽きてきてしまい、自転車に乗ることすら嫌になってきてしまうから、目的は決めた方がいいんです。

ただし、目的をガチガチに考えすぎる必要はありません。

サイクリングする目的は、こんな感じでもいいんです。

・北の方へ、おしゃれなカフェを探しに行く。
・パン屋さんを、3件ハシゴする。
・海までたどり着く。
・山の展望台でコーヒーを飲む。
・今日は、近所の走ったことがない道を探検する。
・半島を一周する。

など、楽しい目的は無限にあります。

あなたが、やってみたいと思ったことを実行するだけでいいんです。

サイクリングは、目的を決めることが大切なんです。

疲れを感じる前に「栄養補給」!

疲れを感じる前に、しっかりと「栄養補給」をしましょう。
※これは、命に関わることです。

疲れを感じてから休憩をする場合、いつハンガーノックになってしまうのか、誰もわかりません。

そもそも、ハンガーノックというのは、長時間の運動により、低血糖の状態になることで体が動かなくなることです。

例えば、、、
・時間を決めずにサイクリングをしている。
  「もう少し走れる」と頑張ってしまい、ハンガーノックになりやすい。
・1時間に1回の休憩をとる。
  適度な疲労で、定期的に栄養が補給できるので、結果的に長く走れる。

自分自身がどれだけ走ることができるのか分かっていない、始めたばかりの初心者の人は、特に休憩する時間を決めた方が良いでしょう。

また、時間を決めていても、疲れてきたと思ったら、無理をしないですぐに休憩をとりましょう。

サイクリングは、こまめに休憩をとり、しっかりと栄養補給することが大切です。

グラベルロードバイクのサイクリングに必要なツールたち。

グラベルロードバイクのサイクリングで、必需品、または持っておいた方がいいアイテムを紹介します。

「何も持たなくても、サイクリングには行けるんじゃないの?」と思うかもしれませんね。

しかし、自転車のトラブルは急にやってきます。

安全面を考えると、持っておいて損はないものですので、少しずつ揃えていきましょう。

【グラベルロードバイクに必要なツール】
・ベル
・ライト(前後共に)
・ケージ(ボトルを差し込む受け台)
・パンク修理キット一式
・タイヤレバー
・予備のチューブ(2本)
・空気入れ(小型)または、CO2ボンベ
・携帯ツールセット(六角レンチやドライバーなどのセット)
・財布(現金や、カード類)
などが、主に必要なツールになります。

グラベルロードバイクは、ロードバイクに比べてパンクなどのトラブルが起きにくい自転車ですが、絶対にパンクしないわけではありません。

いざというときのために、最低限のツールは準備しておきましょう。

まとめ:グラベルロードバイクは、サイクリングに最高の自転車です。

それでは最後に、今回の記事のまとめです。

グラベルロードバイクのサイクリングは最高です。

・どんな道でも、走ることができる自転車です。

グラベルロードバイクで行く、サイクリングの魅力は「自由度」。

・コーヒーセットを持って、海辺までサイクリング。
・キャンプ道具一式を持って、一泊二日のキャンプ。
・釣り道具を持って、海や湖まで走りフィッシング。
こんな風に、自由に遊んでいいんです。

グラベルロードバイクで行く、サイクリングの注意点

・目的を決める!
・疲れを感じる前に「栄養補給」。
※サイクリングを楽しく続けるための秘訣です。

グラベルロードバイクのサイクリングに必要なツールたち。

・ベル
・ライト(前後共に)
・ケージ(ボトルを差し込む受け台)
・パンク修理キット一式
・タイヤレバー
・予備のチューブ(2本)
・空気入れ(小型)または、CO2ボンベ
・携帯ツールセット(六角レンチやドライバーなどのセット)
・財布(現金や、カード類)

今回は「グラベルロードバイクでのサイクリングが最高な理由!」について書いてみました。

あなたも、グラベルロードバイクを初めて、気ままなサイクリングに出かけてみませんか。

この記事が、あなたのお役に立てれば幸いです。。