グラベルロードバイクの選び方。5つのポイントまでチェックしてみて!

グラベルロード

・グラベルロードの選ぶ基準(ポイント)って何?

・選ぶ時には、どんなことを考えて選ぶべきなの?

・グラベルロードバイクを選ぶ時に失敗しない方法は?

今回はこの様な疑問を持つ、あなたの解決策になれば嬉しいです。

この記事を書いている僕はというと・・・

ヤッシー
ヤッシー

どうも、ヤシオ(@yashioblogです。

30代半ばの、サラリーマンやりながら2児の父親です。

キャンプツーリング(自転車キャンプ)にどうしても行きたくて、キャノンデールのグラベルロードバイク「トップストーン【ソラ】」を買いました。

実際にキャノンデールのグラベルロードバイクを買った僕が、順番に紹介しますね。

それじゃあ、いってみよう!

グラベルロードバイクを選ぶ時に考えて欲しい3つの質問

まずは、グラベルロードバイクを選ぶ前に、あなたがグラベルロードバイクを手に入れた時、どんな未来を望んでいるのかを明確にしてみましょう。

どんな未来を望んでるのかを明確にすることで、どんなグラベルロードバイクが適しているのかを決めやすくなるからです。

未来を想像することが出来れば、グラベルロードバイクを選ぶ時に悩むことが減るからです。

具体的に以下の質問に答えてみてください。

【質問1】グラベルロードバイクでどんなことをしたいの?
【質問2】グラベルロードバイクでどこに行きたいの?
【質問3】グラベルロードバイクに何を求めるの?

例えばですが、僕の回答例です。

【質問1】グラベルロードバイクでどんなことをしたいの?
・グラベルロードバイクに荷物を積み込んで、キャンプに行きたい!
【質問2】グラベルロードバイクでどこに行きたいの?
・いろんなキャンプ場や、山道なんかも冒険してみたい!
・砂浜なんかも走ってみたいな!
・とにかく行けるところはどこでも行きたい!

【質問3】グラベルロードバイクに何を求めるの?
・沢山荷物が詰めること
・快適に走れること(走っててワクワクすること)
・非日常を味わえること、かな!

3つの質問に答えてみて、あなたがグラベルロードバイクでどんな未来を望んでいるのかを明確にしてみましょう。

グラベルロードバイクを選ぶ時に一番大切な事

グラベルロードバイクを選ぶ時に一番大切なことは「そのグラベルロードバイクにどうしても乗りたいか」という事ですね。

つまりは、「いつまでも乗りたいと思えるのか」「好きか嫌いか」なんですよ。

これが一番失敗しない方法だと僕は思いますよ。

他人がどれだけ良いと言っていても、あなた自身が好きでなければ何の意味も無いからです。

もっと言えば、他人の評価ではなく、あなたにとって価値のある物かどうかという事が大切なんです。

人は自分にとって価値のあるものは大切にしますが、価値が無いと判断した時点で廃棄するか使わなくなってしまいます。

その証拠に、このような事があります。

【例】20年も前の古い靴の場合

・興味のない人→価値ゼロだから捨てる。または人に譲る。
興味のある人→高いお金を払ってでも買いたい。ケースに入れて大切に保管する。

この様に、人によってその物の価値は様々なんです。

大切なのでもう一度言いますね。

グラベルロードバイクを選ぶ時に一番大切な事は「あなた自身が、そのグラベルロードバイクを好きで、どうしても乗りたいと思えるか」という事が重要なんです。

グラベルロードバイクを選ぶポイントはたったの5つ!

グラベルロードバイクを選ぶ時に一番大切な事は「あなた自身が、そのグラベルロードバイクを好きで、どうしても乗りたいと思えるか」でしたね。

そこがしっかりと決まったら、あとはグラベルロードを選ぶポイントがたったの5つだけですよ。

この5つのポイントだけ理解していれば選ぶときに失敗する確率がグッと下がります。

僕が実際にグラベルロードバイクを買ったあとで、気になったのがこの5つのポイントがだからです。

具体的にはこの5つです。

・タイヤのサイズ(幅)
・ブレーキの種類
・ダボ穴の数
・フレームの材質
・ホイールの固定方法

順番に詳しく解説していきますね。

タイヤのサイズ(幅)について

グラベルロードバイクを選ぶ時に、走る道によってタイヤサイズ(幅)を選ぶと良いですよ。

タイヤサイズによって、オンロード向きのタイヤなのか、またはオフロード向きのタイヤなのかが分かれているからです。

これは、グラベルロードバイクを選ぶうえで非常に重要ですよ。

詳しくは、下記にタイヤサイズと路面状況に適しているかをまとめてみました。

この様に、タイヤサイズによって得意な路面、不得意な路面があるんです。

簡単に説明すると、オンロード走行(舗装路)では、よりタイヤサイズを細くすることで路面との抵抗が少なくなり速く走れるということ。

逆に、オフロード走行(未舗装路)では、よりタイヤサイズを太くすることで路面との抵抗を増やして安定感、安心感を重視してコントロールしやすく、乗り心地を良くしているんです。

グラベルロードバイクを選ぶ時には、よく走る道を想定し、またはグラベルロードバイクで走りたい道を考えたうえで、タイヤサイズを選ぶと良いですね。

ブレーキの種類について

ブレーキの種類は主に3つあります。

・リムブレーキ
・キャリパーブレーキ
・ディスクブレーキ

グラベルロードバイクでは、主にディスクブレーキが装着されています。

そして、同じディスクブレーキでも「機械式」と「油圧式」がありますが、おすすめは「油圧式」のディスクブレーキです。

油圧式ディスクブレーキの方が、少ない力でしっかりとブレーキをかけてくれるからです。

僕が買ったキャノンデールのグラベルロードバイク、トップストーン「ソラ」は機械式のディスクブレーキが装着されています。

機械式ディスクブレーキだと、やっぱりブレーキをかける時に、少し力が必要になる場面が出てきます。

例えば、あれた山道や下り坂などブレーキレバーをずっと握っている時には、機械式のディスクブレーキだと、少し力が必要になるので腕にかかる負担が多くなります。

逆に油圧式のディスクブレーキであれば、軽い力でブレーキレバーを握っていればいいので、機械式に比べて腕にかかる負担が軽減できるんです。

ブレーキは自転車を制御する為に、とても大切なものです。

グラベルロードバイクを選ぶ時には、僕の経験も参考にしつつ、ブレーキの種類をしっかりチェックしましょうね。

こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

グラベルロードバイクは、なぜディスクブレーキ?詳しく解説しますよ。
グラベルロードバイクには、なぜディスクブレーキが採用されているのか。そもそもディスクブレーキはどんな特徴があり、どんな車輛に使われているのかについて書いています。また、ディスクブレーキの日常的なメンテナンスも紹介していますよ。ディスクブレーキのいろんな疑問が解決できれば幸いです。

ダボ穴の数について

ダボ穴の数は、あなたが今後グラベルロードバイクでどんなことをやりたいのかに直接影響してきます。

ダボ穴の数が多ければそれだけ沢山の荷物を装着することが出来ますが、ダボ穴の数が少ないと、出来ることが限られてしまうからです。

グラベルロードバイクに沢山の荷物を積む時には、以下の種類があります。

・フレームやシートポスト、またハンドルバーにしばりつけるバッグタイプ
・フレームにキャリアを取り付けて、大容量のバッグを取り付けるタイプ

例えば、グラベルロードバイクでキャンプに出掛ける場合を想像してみましょうか。

夏のキャンプであれば荷物は少なくて済むのでバッグタイプでも良いですよね。

しかし、冬のキャンプであれば防寒具など沢山の荷物が必要となるので大容量のバッグが取り付けられるキャリアを取り付けておくと、とても便利になりますよ。

ダボ穴は、あとから追加することが出来ません。

キャリアを取り付けたりと拡張したいって考えているなら、ダボ穴の数をしっかり確認して、あなたのやりたいことが確実にできるグラベルロードバイクを選びましょう。

※まずはダボ穴を使ってボトルケージの取付をおすすめします。

グラベルロードバイクにはどんなボトルケージが合うの?おすすめ4選!
グラベルロードバイクには、どんなデザインで、どんなカラーのボトルケージが合うのかについて書いてます。また、、初心者のためのボトルケージ取付方法も写真付で乗ってます。更には、おすすめのボトルケージも紹介していますので、選ぶ時に参考にしてもらえれば幸いです。

フレームの材質について

グラベルロードバイクのフレーム素材には主に3種類があります。

・アルミ
・クロモリ
・カーボン

この3つが主にグラベルロードバイクのフレームとなっている素材です。

それぞれの材質の特徴をしっかりと理解して選びましょう。

材質選びは、グラベルロードバイクを選ぶうえで「重量」「乗り心地」「デザイン」「値段」を大きく左右します。

材質によって、加工方法や、特徴が違うから、どれだけ人から良いと言われる材質でも、あなたにとってはそこまで必要でないかもしれませんよ。

具体的に材質の特徴を表にまとめてみました。

この様に、材質によってそれぞれの特徴がありますし、予算も大きく変わってきます。

あなたが理想とするグラベルロードバイクにはどの材質が適しているのかをしっかり考えてみましょう。

ホイールの固定方法について

ホイールの固定方法は主に2つあります。

・クイックリリース式
・スルーアクスル式

グラベルロードバイクには、スルーアクスル式が主流になっています。

スルーアクスル式はクイックリリース式に比べて、高い剛性を持っているんです。

クイックリリース式はハブの中を通るシャフトをフォークで挟み込み、レバーとナットで締め付けるタイプですが、スルーアクスル式は、太目に造られたシャフトそのもので固定するタイプになります。

グラベルロードバイクを選ぶ時には、ホイールの固定方法もしっかりとチェックして、より剛性の高いものを選んで、あとで後悔しないようにしましょう。

まとめ:グラベルロードバイクを選ぶ基準をもう一度おさらいしましょう。

それでは最後に、グラベルロードバイクを選ぶ基準をもう一度おさらいしましょう。

グラベルロードバイクを選ぶ時に考えて欲しい3つの質問

・【質問1】グラベルロードバイクでどんなことをしたいの?
・【質問2】グラベルロードバイクでどこに行きたいの?
・【質問3】グラベルロードバイクに何を求めるの?

グラベルロードバイクを選ぶ時に一番大切な事

・いつまでも乗りたいと思えるかどうか。
・好きか嫌いか。

グラベルロードバイクを選ぶ基準はたったの5つ!

・タイヤのサイズ(幅)
・ブレーキの種類
・ダボ穴の数
・フレームの材質
・ホイールの固定方法

予算と相談して、あなただけのグラベルロードバイクを見付けてみてくださいね。

初めてのグラベルロードバイクを探しているあなたなら、「こちら」の記事も参考にしてみてください。

10万円台までで始められる!?おすすめグラベルロードバイク10選!
グラベルロードバイクは10万円台までで、十分始めることが出来ますよ!10万円台で買えるグラベルロードバイクと、10万円以下で買えるグラベルロードバイクも紹介しています。またグラベルロードバイクを始める目的や、グラベルロードバイクを選ぶ時に一番大切にしてほしい事も書いてますので参考になれば幸いです。

というわけで、今回は「グラベルロードバイクの選び方。5つの基準(ポイント)」について書いてみました。

あなたのグラベルロードバイク選びの参考になれば幸いです。