グラベルロード

グラベルロードバイクの楽しみ方は「無限」の可能性があります!

・グラベルロードバイクって何が楽しいの?

・グラベルロードバイクに乗ってる人は、どんなことしているの?

・グラベルロードバイクが面白くなるような楽しみ方は?

今回はこの様な疑問を持つ、あなたの解決策になれば嬉しいです。

この記事を書いている僕はというと・・・

ヤッシー
ヤッシー

どうも、ヤシオ(@yashioblogです。

30代半ばの、サラリーマンやりながら2児の父親です。

キャンプツーリング(自転車キャンプ)にどうしても行きたくて、キャノンデールのグラベルロードバイク「トップストーン【ソラ】」を買いました。

実際にキャノンデールのグラベルロードバイクに乗っている僕がご紹介しますね。

ちなみに、僕が乗っているグラベルロードバイクは【キャノンデール トップストーン「ソラ」】です。

それじゃあ、いってみよう!

グラベルロードバイクの楽しみ方は無限にある!

グラベルロードバイクの楽しみ方は、「無限」にあると僕は思います。

なぜなら、道があればどんなところでも走れるからです。

例えば、キャンプの場合。

・キャンプ場までの道のり
→家から出発した時にはオンロード(舗装路)
→キャンプ場の手前、またはキャンプ場の入り口からグラベルロード(砂利道)
になっていることがよくあります。
・ロードバイクの場合
  →バイクから降り、押して進まなければいけない。
・グラベルロードバイクの場合
→グラベルロード(砂利道)を走る想定なので、何も気にしなくていい。
→目的のキャンプ場まで降りることなく、走り続けることがでる。

※どちらかと言えば、グラベルロード(砂利道)になってから楽しさが増してきます。

他にも、いろんな可能性がグラベルロードバイクには秘めていると思います。

グラベルロードバイクの楽しみ方は、10人いたら10通りの楽しみ方があるのです。

つまり、「無限」なんです。

道があれば、どこでも走れるグラベルロードバイクだから安心。

グラベルロードバイクは、基本的には道があればどこでも走ることができます。

本来グラベルロードバイクは、名前の通りグラベルロード(砂利道)を走行する想定なので、安定感のある設計にもなっていますし、長時間のライドでも疲れにくい仕組みが考えられています。

タイヤは、ロードバイクと比較しても明らかに太めのタイヤを履いていますが、マウンテンバイクほど太くはなく、ちょうど良い太さといった感じがします。

・タイヤの太さ
(細い)
ロードバイク  グラベルロードバイク  マウンテンバイク(太い)

この丁度良い太さのおかげで、安定した走りをすることができるだけでなく、パンクなどのトラブルも少なく、さらにはオンロード(舗装路)では、ある程度のスピードも出すことができます。

また、ロードバイクと比較して、ハンドルの幅も広く設計されています。

ハンドルの幅を広くすることで、操作性が安定するのはもちろん、ハンドルにバッグも取り付けやすくなります。

また、フレアハンドルと言われるハンドルの下側(下ハン)に角度をつけることでさらに幅を広げることにより、スピードを出しても安定感の走りが可能だんです。

・ハンドルの幅
(狭い)ロードバイク  グラベルロードバイク(広い)

グラベルロードバイクは、どんな道でも走ることができるように設計されているので、他のスポーツ自転車に比べると、とても安心なんです。

僕の楽しみ方【グラベルロードバイクライフ】

結論:僕のグラベルロードバイクの楽しみ方は、基本的には以下の2つになります。

・サイクリング
・キャンプツーリング

それぞれ、僕がどんな楽しみ方をしているのか解説していきます。

サイクリング

サイクリングは、その名の通り自転車でいろんなところへ走りに出かけることです。

トレーニングやタイムを競うわけではなく、ただ景色を楽しんだり、少し遠くまで出かけてみたりと、非日常が味わえるのです。

僕の場合、家から1時間だけでもグラベルロードバイクで走り続けるだけで、初めてみる景色やお店など、新しい発見で楽しいですよ。

サイクリングは、手軽に楽しめて非日常を味わうことができる楽しみ方の一つです。

キャンプツーリング

キャンプツーリングというのは、自転車も楽しみながら、キャンプもするという、ちょっとした「旅」です。

日帰りのサイクリングだと、帰りのことも考えると行ける範囲や、場所も限られてきます。

でも、キャンプツーリングであれば1日かけて行く場所で一泊することになるので、より遠く、より広範囲に出かけることが可能になるんです。

さらに、自転車にどうやってキャンプ道具を積載するのか(バイクパッキングと言います。)を考えていることも、とっても楽しい時間になります。

一日かけて走った後のキャンプ飯は、格別なんです。

僕の場合、車だと1〜2時間かかるキャンプ場に、自転車で行ったりします。

道中もいろんな発見があったり、休憩で美味しいカフェに立ち寄ったりできるので、車で行くキャンプとは違った楽しいことがたくさん待っているんです。

キャンプツーリングは、一人でも楽しいですが、仲間と行くと、楽しさも倍増します。

まとめ:グラベルロードバイクの楽しみ方は、無限の可能性!

それでは最後に、今回の記事のまとめです。

 

グラベルロードバイクの楽しみ方は無限にある!

・10人いれば、10通りの楽しさがある。

道があれば、どこでも走れるグラベルロードバイクだから安心。

・ロードバイクのように、道の状態を気にせずに走れるよ!

僕の楽しみ方【グラベルロードバイクライフ】

・サイクリング
・キャンプツーリング

今回紹介した僕の楽しみ方以外にも、遊び方は無限にあります。
あなたも、グラベルロードバイクを始めてみませんか?

「グラベルロードバイクを今すぐ始めてみたい」と思うなら、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

10万円台までで始められる!?おすすめグラベルロードバイク10選! ・10万円台で始められるグラベルロードバイクを知りたい ・もっと安いグラベルロードバイクもあれば知りたい ・...

今回は「グラベルロードバイクの楽しみ方は「無限」の可能性があります!」について書いてみました。

この記事が、あなたのお役に立てれば幸いです。