グラベルロードバイクの【メリット・デメリット】を徹底紹介するよ!

グラベルロード

・グラベルロードバイクのメリットって何?

・グラベルロードバイクのデメリットはどんな所?

・【買った人に質問】なぜグラベルロードバイクを選んだの?

今回はこの様な疑問を持つ、あなたの解決策になれば嬉しいです。

この記事を書いている僕はというと・・・

ヤッシー
ヤッシー

どうも、ヤシオ(@yashioblogです。

30代半ばの、サラリーマンやりながら2児の父親です。

キャンプツーリング(自転車キャンプ)にどうしても行きたくて、キャノンデールのグラベルロードバイク「トップストーン【ソラ】」を買いました。

実際にキャノンデールのグラベルロードバイクに乗っている僕がご紹介しますね。

それじゃあ、いってみよう!

グラベルロードバイクのメリット

グラベルロードバイクの「めっちゃ良い」と思う事を説明するね。

ガタガタ道でも疲れにくい、幅の広いハンドルが良いよ!

ロードバイクよりもハンドル幅が広く造られているから疲れにくいところが良い。

幅が広いハンドルの方が、ガタガタした道でハンドルがブレるのを抑えやすく、安定して走ることが出来ることが特徴なんです。

ロードバイクのハンドルでは、肩幅に合わせてハンドル幅を設定することで空気抵抗も抑えつつ、長時間走っても疲労しにくいというのが特徴なんです。

しかし、グラベルロードバイクでは、砂利道を走ることも想定しているので、幅が広いハンドルを採用することで、ハンドル操作の安定感を重視しているんです。

ロードバイク・・・肩幅に合わせたハンドル幅で、長時間でも疲労しにくい
グラベルロードバイク・・・幅の広いハンドルで、ブレを抑えて砂利道でも安定しやすい

ほとんどのグラベルロードバイクは、ハンドル幅が広く設定されているからガタガタ道でも疲れにくいんです。

太めのタイヤだから、比較的どんな道でも安定感が良い!

太めのタイヤを装着しているので、どんな道でも安定感が良いんです。

太めのタイヤは、砂利道などガタガタした道でハンドルが取られてバランスを崩すことが少なくなります。

ロードバイクの様に細いタイヤだと、砂利や小石にタイヤが取られてハンドルも操作しにくく、転倒しやすくなります。

しかし、グラベルロードバイクの様に太めのタイヤを装着していると、砂利や小石にタイヤを取られることが少なくなり、ハンドルもブレにくくなり、安定して走れるんです。

ロードバイク・・・タイヤが細く、舗装路以外では乗りにくい
グラベルロードバイク・・・太めのタイヤでどんな道でも安定して走れる

太めのタイヤを装着しているグラベルロードバイクなら、どんな道でも安定して走ることが出来ますよ。

雨天時や、ぬかるんだ道でも安心のディスクブレーキが搭載!

雨や泥にも安心のディスクブレーキが標準装備されているので安心です。

グラベルロードバイクは森の中など、整備されていない道を走ることも多く、水たまりやぬかるんだ道を走ることもあります。

そんな道でも、ブレーキングに影響しないディスクブレーキが標準装備されているんです。

一般的なブレーキではホイールの端(リム)をブレーキパッドで挟んで制御しますが、少しの水たまりやぬかるんだ道だと汚れが付きやすかったり、ブレーキパッドとリムの隙間にゴミや水分が入りやすくて制動力が落ちてしまいます。

しかし、ディスクブレーキはホイールの軸部分に装着されているので、水たまりやぬかるんだ道を走ってもブレーキ部分に影響が少なく、ブレーキパッドとブレーキローターの隙間もかなり狭いため、水分や汚れが挟まりにくくなっているので、制動力が落ちにくいんです。

リムブレーキ・・・悪天候や汚れの影響を受けやすい
ディスクブレーキ・・・悪天候や汚れの影響を受けにくく、制動力が落ちにくい

グラベルロードバイクには雨や泥の影響を受けにくいディスクブレーキが標準装備されているので、安心して走ることが出来ますね。

ディスクブレーキについてはこちらの記事に詳しく書いてますよ!

グラベルロードバイクは、なぜディスクブレーキ?詳しく解説しますよ。
グラベルロードバイクには、なぜディスクブレーキが採用されているのか。そもそもディスクブレーキはどんな特徴があり、どんな車輛に使われているのかについて書いています。また、ディスクブレーキの日常的なメンテナンスも紹介していますよ。ディスクブレーキのいろんな疑問が解決できれば幸いです。

ダボ穴が多いから、拡張性が高いところが良い!

他の自転車に比べて、圧倒的にダボ穴が多いので拡張性が高いところが良いです。

ロードバイクなどは、ボトルケージを取り付けるためのダボ穴が数個空いている程度ですが、グラベルロードバイクには10個以上のダボ穴がフレームのあちこちに開いています。

グラベルロードバイクは砂利道を走ることが目的で設計されていますが、同時に旅をする為の自転車としても設計されています。

旅をする時には沢山の荷物が必要ですよね?

沢山の荷物を自転車に積むために、フレームの前後にキャリアを付けたり、ボトルケージをいくつか付けたり出来るように、フレームのいたるところにダボ穴が開けられているんです。

ロードバイク・・・ダボ穴は数個程度
グラベルロードバイク・・・ダボ穴は10個以上

沢山のダボ穴が開いていることで、キャリアやバッグを取り付けやすくしているところが、拡張性が高くていいですね。

グラベルロードバイクのデメリット

グラベルロードバイクの「ここは残念だなぁ」と思う事を説明するよ。

太めのタイヤのせいで、スピード感は落ちるよ

砂利道では安定して走れる太めのタイヤも、舗装路ではロードバイクに比べてスピード感は落ちてしまいます。

未舗装路は良いとしても、舗装された道路は早く走りたいと考えているなら、スピード感が落ちてしまうのはデメリットと感じてしまうでしょうね。

どうしても太めのタイヤだと、路面とタイヤの抵抗が大きくなりどうしてもスピードが出にくくなってしまいます。

ただ、速く走ることを目的としていないのであれば全く問題ではありません。

どちらかというと、舗装路でも小石は沢山落ちていますし、段差も沢山ありますから、僕個人としてはスピード感は落ちても安心感がめちゃくちゃあるので、メリットとして考えてますよ。

タイヤが太いので、路面との抵抗が増してスピードは遅くなる!
※でもスピードを求めないなら全く問題なし!

スピード感を求めているなら、太めのタイヤのせいでスピード感がイマイチなのはデメリットと感じるかもしれませんね。

ディスクブレーキとかも含めて、ロードバイクに比べると車体は重め

総合的に見て、ロードバイクと比べると車体は重く感じるでしょう。

ロードバイクはレース用のスピードを求めるバイクなので極限まで軽さを追求していますが、グラベルロードバイクでは林道を走ったり旅をしたりと、どちらかというと剛性を重視して設計されている自転車なので比較すると重く感じます。

ディスクブレーキ自体が、ロードバイクに装着されているキャリバーブレーキと比べて重いこともあり、総重量がどうしても重くなるのは仕方ない気がします。

でも、剛性が高く設計されているので砂利道でも安心して乗ることが出来ます。

それに、シティサイクルと比べれば間違いなく軽いので安心してください。

重さは「ロードバイク < グラベルロードバイク < シティサイクル」

ロードバイクと比べると、車体は重くデメリットと感じてしまうかもしれませんが、走る目的が違うのであまり気にしなくても良いです。

欲しい物がありすぎて、財布がスッカラカンに・・・

グラベルロードバイクには拡張する物が沢山あり、欲しい物がありすぎて、いつも財布の中はスッカラカンです・・・。

ロードバイクは、ある程度揃えてしまえば後は機能や軽量化など追及して新しい物に更新するイメージですが、グラベルロードバイクにはバッグやパーツなど沢山の拡張する物があり、次から次へと欲しい物が増えていくので、いつも財布の中はスッカラカンです。

僕はグラベルロードバイクでキャンプに行きたくて始めたのですが、バッグからパーツ、それに付け加えてキャンプ道具などめちゃくちゃ欲しい物がありすぎて追いつきません。

それでも、デメリットかと聞かれれば僕の場合はデメリットと感じていません。

むしろ、楽しんでやっていますから徐々に増えていくグッズを眺めているだけでも楽しいですよ。

僕のやりたい事が自転車キャンプだから、欲しい物や必要な物が増えるのは当然!
グラベルロードバイク = プライスレス

お金がかかりすぎて辛いと考えるならデメリットですが、僕のように「グラベルロードバイクにかかる費用=プライスレス」と考えるなら、人生が豊かになるのでメリットですね。

僕がグラベルロードバイクを選んだ理由

ここからは、僕がロードバイクやMTB(マウンテンバイク)ではなく、グラベルロードバイクを選んだ理由を紹介しますね。

ちなみに僕が乗っているのはcannondaleのTOPSTONE「SORA」ですよ!

キャノンデールのグラベルロード、トップストーン「ソラ」を購入!
キャノンデールのグラベルロード、トップストーン「ソラ」を買ったので紹介しています。 買ってよかったことや、残念だったことをまとめてあります。また、キャノンデールという会社についても書いてますよ。グラベルロードを始めたいと思っているあなたの参考になれば幸いです。

キャンプツーリングに行きたいから

一番の理由としてグラベルロードバイクに乗ってキャンプツーリングに行きたかったからです。

同じソロキャンプでも車で行くのとは違って、景色や風を感じながら自転車に荷物を積んで行くソロキャンプに憧れがあったからです。

キャンプツーリングの魅力は何といっても自転車でキャンプ場まで走り、到着した後の一杯が最高だからなんですよ。

自転車で行くことで普段感じることが出来ない景色や、発見が沢山あるのもキャンプツーリングの魅力の一つですね。

グラベルロードバイクを選んだ一番の理由はキャンプツーリングに行きたいと思ったからです。

あまりスピードは求めてません

ロードバイクに乗っている人は多くいますが、僕はスピードにはあまり興味が無かったからグラベルロードバイクにしました。

ロードバイクは、いかに早く走るかという事が最重要事項の様に感じてしまいますが、僕自身はもっと緩く楽しく走りたいと思ったのでグラベルロードバイクを選んだんです。

実際グラベルロードバイクはロードバイクに比べてタイヤも太くスピード感は出にくいですが、それよりも砂利道を走ったり、林道を駆け抜けたりすることが楽しくて最高です。

僕はそもそも競技用の自転車として開発されているロードバイクにはあまり興味が無かったので、グラベルロードバイクを選びました。

ドロップハンドルへの憧れ

今まで、シティサイクルもしくはフラットバーハンドルのクロスバイクしか乗ったことが無く、ドロップハンドルへの憧れもグラベルロードバイクを選んだ理由の一つです。

アクティブに使用する自転車であれば、MTB(マウンテンバイク)もかなり興味ありましたが、やっぱりドロップハンドルへの憧れは拭い去れなかったんです。

実際にドロップハンドルのグラベルロードバイクに乗ってみて分かったのが、乗車姿勢を変えれるところがとても楽に感じますよ。

ドロップハンドルに憧れがあるけどロードバイクはガチすぎるという人には特におすすめなのがグラベルロードバイクです。

無骨な感じがGOOD!

キャンプが好きという事もあり、無骨なイメージのあるグラベルロードバイクを選びました。

グラベルロードバイクはどちらかというと暗めの色や、濃い緑、黒など、あまり派手な色ではないモデルが多く存在しています。

グラベルロードバイクに荷物を積んでキャンプに行くなら派手なカラーリングよりは無骨な色合いの方があっていると感じたからです。

自然の中で遊び、キャンプツーリングも考えているなら無骨なイメージのグラベルロードバイクがGOODですね!

道を選ばなくて良いところ

舗装してあるかどうかを気にしなくて良いところも、グラベルロードバイクを選んだ理由の一つです。

グラベルロードバイクはその名の通り「砂利道」を走ることを目的としている自転車です。

砂利道も走れるように、タイヤは太めに設定されていたり、フレームの剛性を高くしていたりします。

どこかへ行くときに、舗装路を選ぶ必要が無くどんな道も走ることが出来ることがとても良いですね。

パンクの心配がロードバイクに比べて少ない

タイヤが太く設定されているのでロードバイクに比べてパンクの心配が少ないのも魅力の一つです。

グラベルロードバイクは太めのタイヤと、タイヤ表面には凹凸があるブロックタイヤと呼ばれるタイヤを履いていることがほとんどです。

そのため、少々の小石や段差程度であれば何の心配もいりません。

ロードバイクでは、こうした小石や段差はなるべく避けて通りたいのは本心ですが、グラベルロードバイクはほとんど気にしなくて良いんです。

長距離になればなるほど気になるパンクですが、グラベルロードバイクはロードバイクに比べて心配が少ないのも魅力ですね。

太めのブロックタイヤだから、乗車中の安定感が良い

太めのブロックタイヤを履いていることで、段差や小石の気になる振動が軽減されており、安定感が良いのもグラベルロードバイクの特徴です。

小石や段差も、太めのタイヤが吸収してくれることもあり、身体に伝わる振動が軽減されています。

ロードバイクやクロスバイクは比較的細いタイヤを履いていますから、手元や身体へ伝わる振動がグラベルロードバイクに比べて強く感じてしまいます。

太めのブロックタイヤが初めから設定されているので、身体に伝わる前に振動をある程度タイヤが吸収してくれるので乗っている時の安定感がとても良いですよ。

汚れが似合うところ

グラベルロードバイクは砂利道を走るために設計された自転車なので、泥などが跳ねて汚れても似合うところが、また良いですね。

砂利道や林道などを走っていると、必ずぬかるんだ場所や水たまりなどを通ることがあり、跳ねてフレームなどが汚れていきますが、その汚れすら似合ってしまうんです。

ボディの色合いが暗めな色という事もありますが、無骨なイメージのグラベルロードバイクだからこそ汚れも似合うんですね。

汚れることを気にしずに、むしろ似合ってしまうグラベルロードバイクは最高です。

普段着でも乗れるところが、ガチ過ぎなくていい

サイクルジャージは機能面でとても優れていますが、普段着でも違和感なく乗れるのがグラベルロードバイクですね。

そもそも砂利道や林道を走ったり旅をすることが目的の自転車なので、サイクルジャージでビシッと決める必要もないです。

スピードも求めて、キャンプツーリングも楽しんでという人ならサイクルジャージでビシッと決めるのも有りですが、僕の場合緩く楽しくをモットーにしているので普段着寄りの服装で十分だと感じていますし、違和感がないところがグラベルロードバイクの良い所ですね。

普段着で自転車を緩く楽しみたい人は、グラベルロードバイクがかなりおすすめですよ。

まとめ:迷っているならグラベルロードバイクをおすすめします!

それでは、この記事をまとめてみますね。

グラベルロードバイクのメリット

・長距離でも疲れにくい、幅の広いハンドルが良いよ!
・太めのタイヤだから、比較的どんな道でも安定感が良い!
・雨天時や、ぬかるんだ道でも安心のディスクブレーキが搭載!
・ダボ穴が多いから、拡張性が高いところが良い!

グラベルロードバイクのデメリット

・太めのタイヤのせいで、スピード感は落ちるよ。
・ディスクブレーキとかも含めて、ロードバイクに比べると車体は重め。
・欲しい物がありすぎて、懐が寒くなる・・・。

僕がグラベルロードバイクを選んだ理由

・キャンプツーリングに行きたかった。
・あまりスピードは求めてません。
・ドロップハンドルへの憧れ。
・無骨な感じがGOOD!
・道を選ばなくて良いところ。
・パンクの心配がロードバイクに比べて少ない。
・太めのブロックタイヤだから、乗車中の安定感が良い。
・汚れが似合うところ。
・普段着でも乗れるところが、ガチ過ぎなくていい。

今回は「グラベルロードバイクの【メリット・デメリット】を徹底紹介するよ!」について書いてみました。

グラベルロードバイクを買おうか悩んでいる、あなたの参考になれば幸いです。