【中小企業診断士】になるメリットは?勉強時間に見合う価値はあるか?

中小企業診断士

・中小企業診断士はどんなメリットがあるの?

・膨大な勉強時間をかける価値があるの?

・収入は変わるの?

今回はこの様な疑問を持つ、あなたの解決策になれば嬉しいです。

この記事を書いている僕はというと・・・

ヤッシー
ヤッシー

どうも、ヤシオ(@yashioblogです。

30代半ばの、サラリーマンやりながら2児の父親です。

現在、中小企業診断士を目指して勉強中です。

中小企業診断士を目指して勉強している僕がご紹介しますね。

それじゃあ、いってみよう!

2つ立場から考える中小企業診断士になるメリット

中小企業診断士を取得するメリットを2つの立場から考えてみます。

・企業勤務しながら中小企業診断士
・中小企業診断士として独立開業

一般的には中小企業診断士の立場としてはこの2つが考えられるので、それぞれのメリットを紹介します。

企業勤務しながら中小企業診断士になるメリット

企業勤務しながら中小企業診断士になるメリットは4つあります。

・仕事の幅が広がります。
・昇格、昇給につながりやすいです。
・転職に有利です。
・資格を活かした副業が可能。

中小企業診断士に合格するために沢山の勉強をすることで知識を得ることで、仕事で存分に活かすことが出来るから収入アップにもつながります。

例えばサラリーマンの平均年収が400~500万円と言われていますが、中小企業診断士としての年収は700~800万円とかなり高い水準になっています。

平均して年収が倍近くになっていますね。

また、資格を活かして副業することで、更に収入アップできます。

膨大な勉強時間をかけるだけの価値は十分あります。

企業勤務しながらでも、中小企業診断士になるメリットは十分にあり得ますね。

中小企業診断士として独立するメリット

中小企業診断士として独立するメリットは2つあります。

・超高収入が目指せる
・起業に役立てることが出来る。

独立する場合、中小企業診断士として学んだ知識全てを、企業に縛られることなく活かし活動が出来るので、超高収入にもつながります。

中小企業診断士として経営コンサルティング業がメインになるので、企業から賃金をもらって働くのではなく、企業と直接契約することになります。

契約は、成功報酬や顧問契約など様々ではありますが、結果を出し続けることで中小企業診断士としての信用も得ることができ、更なる収入アップが目指せます。

また、独立のほかに事業を立ち上げたりと、違う分野で起業する場合にも中小企業診断士の知識が活かせることが大きなメリットですね。

中小企業診断士として独立することは、自分の活動次第で計り知れないメリットがありますね。

若いのうちに中小企業診断士を受験した方がメリットは多い

中小企業診断士として活動している人の多くは40代~60代の人が多く、30代でも若い分類に入ります。

そんな中で若いうちに中小企業診断士を受験するメリットは2つあります。

・若いというのは、いろんなことを吸収しやすく成長速度が速い。
・早くから経営側の知識や思考を知ることができる。

いろんなことを吸収し、経営側の思考力を持ちながら爆速で成長することはその他大勢から突出することができるからメリットが多いんです。

例えば、このような場合、成長のスピードが全然違います。

・自分に与えられた業務を確実に遂行する。
・自分に与えられた業務を確実に遂行するが、経営側の目線でも考えながら取り組む。

どちらも、働くということに何の問題もありませんが、「経営側」の知識を持っているか持っていないかで物事に対する目線が変わってきます。

当然目線が変われば、業務に対する考え方、思考、経営側の意図など色々なことが見えてくるので、昇格や昇給のチャンスが多くなります。

若いうちに中小企業診断士を受験することは、その後の人生を劇的に変えていくほどのメリットが沢山あります。

収入面から考える中小企業診断士になるメリット

あなたが、今のままではなく変わろうと思って中小企業診断士になると決めたのであれば、サラリーマンの平均年収から抜け出すことは可能です。

・とりあえず資格が欲しい人→収入は変わらないでしょう。
・資格取得後の目的がある人→収入増額が見込めます。

とりあえず難関の中小企業診断士を受験する人と、「本気で変わろう」「年収を増やしたい」と強い意思を持って受験する人とでは、目的が違うからです。

とりあえず中小企業診断士を受験する人は、資格が欲しいだけなんです。

資格を活かした仕事をしたり、資格を活かして転職したりという具体的な目的はないのが特徴です。

逆に「本気で変わろう」「年収を増やしたい」と考えている人は、資格取得はあくまでも通過点であり、本来の目的は資格取得後の人生なんです。

つまり、強い意思がある人は行動が伴うので、間違いなく収入アップにも直結してくるでしょう。

目的を持って、中小企業診断士の資格取得を目指せば、年収1000万円~それ以上という超高収入も夢じゃありません。

まとめ

それでは最後に、今回の記事のまとめです。

2つ立場から考える中小企業診断士になるメリット

・企業勤務しながら中小企業診断士になるメリット
 ・仕事の幅が広がります。
 ・昇格、昇給につながりやすいです。
 ・転職に有利です。
 ・資格を活かした副業が可能。
・中小企業診断士として独立するメリット
 ・超高収入が目指せる
 ・起業に役立てることが出来る。

若いのうちに中小企業診断士を受験した方がメリットは多い

・若いというのは、いろんなことを吸収しやすく成長速度が速い。
・早くから経営側の知識や思考を知ることができる。

収入面から考える中小企業診断士になるメリット

・とりあえず資格が欲しい人→収入は変わらないでしょう。
・資格取得後の目的がある人→収入増額が見込めます。

今回は「【中小企業診断士】になるメリットは?勉強時間に見合う価値はあるか?」について書いてみました。

この記事が、あなたのお役に立てれば幸いです。